美容師になるには

画像

美容師になるには、国家試験合格が必要。その為に厚生労働大臣指定の養成校で必要課程を修了し、受験資格を得るのが最初のステップ。美容師の専門学校では、昼間2年、夜間2年以上、通信3年以上という学習年数が義務付けられています。これらの学校で必要課程を学んだら、国家試験受験→合格→就職という流れが一般的です。実習の多い専門学校に通うと、実技試験対策が思う存分できるメリットも。美容院に就職後、はじめはアシスタントとして先輩美容師(スタイリスト)の補助業務を行います。そしてヘアサロンの中で技術指導を受けたり実務を習得しながら、2年から3年でお客様のヘアカットが出来るスタイリストデビューとなるのです。美容師を目指すには、国家試験受験資格が得られるだけでなく、実践的な授業を重視する専門学校が重要なセレクトポイント。スタイリストとしてのセンスやテクニックを身に付けられるところで、一緒に学ぶ仲間共に楽しく学んでいきましょう。

TOPへ戻る

ネイリストになるには

画像

ネイリストに必要資格はありませんが、日本ネイリスト協会実施の検定試験を持ってると、一定レベルのテクニックを有する証となります。そしてこの資格が、就職を有利に導いてくれるのです。就職先はネイルサロンやエステサロンが主となりますが、この他に美容院のネイルアーティスト採用もあります。近年では個人でネイルサロンを開業する人も増えていますので、働き方も幅広く、非常に人気の高い仕事です。ネイルアーティストの専門学校では、主となるネイルだけでなく、ハンドトリートメントなどのケアやお客様とのコミュニケーション法についても学んでいきます。ネイルアーティストはお客様のニーズに応えるだけでなく、美的センスも問われる仕事。その為、一緒に学ぶ仲間と共に様々なネイルデザインを考えることも、重要な感性磨きに繋がるのです。ファッションやメイクに合わせたお洒落デザインを提案できるネイリストは、女性を中心に憧れの職業となっています。

TOPへ戻る

エステティシャンになるには

画像

お客様の全身美容のサポートをするエステティシャン。皆さんの肌に直接触れる仕事となりますので、専門知識や技術を身に付けられる専門学校に通い、即戦力となるスキル習得が必要です。日本エステティック協会認定校での授業は、お客様のニーズに合わせた品質の高い講義が行われており、業界の中でも定評があります。施術が中心と考えられているエステティシャンの仕事ですが、お客様の肌の状態に合わせたメニューを選ぶセンスも大事な要素。そのため、生理学や人体構造についても学ばなくてはなりません。そしてその知識をお客様に正しく説明出来る知識とコミュニケーション能力があれば、多くの人に信頼される人気の高いエステティシャンになれるのです。専門学校では仲間と一緒に実習を行っていきますので、自分がお客様役になることもあります。独学よりもお客様の視点に立って試行錯誤しながら実習を進められるのが、専門学校に通う最大のメリットになるでしょう。

TOPへ戻る

メイクアップアーティストになるには

画像

テレビ、映画、CM、雑誌、ファッションショーなどで、出演者やタレントのメイクを行うメイクアップアーティストは、美容業界の中でも憧れの職業。女性の美しさや魅力を最大に引き出せるので、とても夢のある仕事です。メイクアップアーティストに必要資格はありませんが、メイクと共にヘアアレンジを担当することもありますので、美容師資格を持っていると活躍の幅も広がります。就職先として多いのはサロンやメイクアップ専門会社ですが、そこで数多くの現場を経験してフリーとなる人も多いです。メイクアップアーティストの魅力のひとつに、多様な活躍領域があります。センスや得意分野を上手に活かせば、自分に合った業界で自由に働くことも可能です。メイクアップアーティスト養成をしている専門学校の中でも、第一線で活躍する講師を招いているところは、業界や進路についての動向や最新情報も学べるので、通学メリットが高いでしょう。この他に特別講義や実習が多い専門学校も、スキルの高いメイクアップアーティストをたくさん排出しています。

TOPへ戻る

美容専門学校の賢い選び方

画像

美容専門学校の選び方では、学べる科目の多さも大事なポイント。ヘアスタイル、ネイル、エステ、メイクと様々なことを行うヘアサロンも増えてきていますので、学生時代にたくさんの基本技術を習得しておくと、就職してから活躍の幅を広げることもできるのです。美容師になっても、そこからメイクアップアーティストやスタイリストというヘアサロン勤務以外の道も存在します。その為にも"美容"をあらゆる角度から学べる専門学校は、将来性や可能性が広がる授業を行う点でも定評があります。この他に学園祭やヘアショーなどのイベントが多いところも、人気です。多くの観客を魅了するヘアショーの制作や運営は、美容業界に従事する為の経験になるだけでなく、普段一緒に勉強している仲間と絆を深める良い機会。美容専門学校が実習が多いことで知られていますが、ヘアショーなどのイベントを通して関係が深くなった仲間とは、互いに良い影響や刺激を与えながら、夢に向かって突き進めるのです。

TOPへ戻る

学校に通う前に知っておきたい基礎知識

画像

美容関連の専門学校に通う前には、自分が目指す職種に進むステップや、基本カリキュラムの内容を把握しておきましょう。例えば美容師になりたい思った時に、国家試験の受験資格がわからなければ、積極的な学習が出来ません。その結果、授業や実習の中で何を重視すれば良いのかわからなくなり、目的意識がなくなってしまうのです。でも国家試験の内容を基本レベルで把握しておけば、授業の内容と自分の目標のリンクが可能となります。学校への入学が決まったら、パンフレットやカリキュラムに書かれているキーワードを、インターネットで調べておくと良いでしょう。入学前から専門的な知識を習得する必要はありませんが、「自分がどんな勉強をするのか?」というイメージを頭に入れておくと、効率的に勉強ができる準備となります。オープンキャンパスを上手に活用して、不透明な部分を積極的に質問しておくのも、基礎知識の把握として良い方法。基本用語がわかっていると、初めて聞く授業もスムーズに頭に入っていきますよ。

TOPへ戻る

就職に必要な資格とは

画像

美容業界の国家資格は美容師だけですが、民間資格でも受験可能なものがあれば、在学中にチャレンジしてみましょう。従来の美容院はヘアアレンジやヘアケアが中心でしたが、近年ではトータル的なサービス提供が増えてきているのです。そしてヘアサロンの中で、フェイシャルエステ、ネイル、メイクアップが出来るところも、増加傾向にあります。基本となるのは美容師資格ですが、学校で習得したネイルやエステのスキルを証明できる資格を持っていると、就職にも有利です。自分の得意分野から活躍の幅を広げることも可能となりますので、メイクアップアーティストやスタイリストへの道も見えてきます。就職という直近の目標だけでなく、美容業界で充実した活躍をしていく為にも、数多くの資格やスキルの取得は大事な要素。そして多くのスキル、経験、資格を持っていれば、就職面接で自己アピールにも役立ちます。学校でも受験可能な資格のサポートをしてくれますので、積極的にチャレンジしてみましょう。

TOPへ戻る

奨学金制度の活用方法

画像

たくさんのお金がかかる美容専門学校では、奨学金制度などの学費サポートを利用してみましょう。専門学校の中には、定期試験の成績優秀者には半額近くの学費が免除する「特待生制度」を設けている学校があります。特待生制度を活用すれば、学費免除と成績アップの一石二鳥に繋がります。このように学生の学費負担を軽減し、勉強へのモチベーションを高める制度を用意している専門学校は、良心的なサポート体制で人気が高い傾向があります。特待生制度以外にも一般的な奨学金制度や教育ローンと提携しているところもありますが、こちらも「学業成績優秀」という条件付きです。経済的理由だけで美容師への道を断念するのは、とても悲しく残念なことです。でも「特待生制度」や「奨学金制度」を上手に活用すれば、金銭的な不安を一掃して勉強に励むことが出来るのです。そして制度利用が勉強への意欲や成績を高め、積極的な授業参加を促す相乗効果があると言われています。

TOPへ戻る