美容師になるには

画像

ファッションデザイナーとして活躍するには、高卒後専門的な技術や知識を学ぶことが必要です。大学、短大、専門学校において、ファッション、家政、デザインなどのコースファッションデザインやパターンメーキング、服の素材やその機能などの知識を幅広く学習します。他の学科と同様、学歴は重要視されません。むしろ自分がどんな作品で最先端の業界を担っていくかがかがポイントです。 アパレル系の職業は実践や体験が大切で、コンテストやイベントなどを通して多くの経験を積むことが企業で活躍するカギとなります。また多くのファッションデザイナーに関連した資格はさほど重視されません。自分が学生時代に身につけたスキルがどれだけ発揮できるかが大切な資格となります。 卒業後はアパレル系の企業に就職して、最初はアシスタントとしてプロの現場を覚えながら経験を積んだ後でファッションデザイナーとして働くことができます。

TOPへ戻る

ネイリストになるには

画像

スタイリストはファッションに関しての基本的な知識はもちろん最先端の流行もトータルに把握していることが大切です。またディレクターの指示を正確に理解する力、衣装をまとうモデルやタレントを魅力的に見せる美的センスを持つことも要求されます。 大学、短大、専門学校ではファッション系の学科で、デザインや素材などに関する専門知識を学習します。またファッションデザイナーやネイルなど他の学科で学んでいても、個人のセンスやスタイリストの知識によってはスタイリストになる可能性があります。 卒業後はスタイリストの事務所に応募したり、プロのスタイリストに弟子入りして見習いとして働くのがプロとしての道です。在学中からでもバイトで働けが、現場の様子やスキルアップに繋がるでしょう。

TOPへ戻る

エステティシャンになるには

画像

ファッション系の職業の中でも、接客マナーをしっかりと身につけることができる職種です。またショップスタッフはファッションのセンスはもちろん、素材や顧客に購買意欲を持たせるスキルが必要です。 そのため接客マナーや交渉力を身につける販売士やファッション販売能力検定などの資格を取得することで、販売員としてのプロ意識を持ちながら仕事に専念できるでしょう。また就職にも有利になります。 ショップスタッフはアルバイトから始めることができますので、学生のうちから興味のあるジャンルのお店で経験を積むと良いでしょう。どんな最先端のファッションなのか、またショーウィンドーのデコレーション、ショップ内のインテリアなどトータル的なファッションセンスを磨くことができます。さらに採用において、ファッション系の学生ということで待遇も良くなります。

TOPへ戻る

メイクアップアーティストになるには

画像

お店で商品の買い付けや仕入れなどを行うのがバイヤーです。消費者のニーズを調査したり、営業の方法や企画に沿って売れ筋の商品を仕入れるのが仕事です。常に流行に敏感になり、国内だけでなく世界のファッションにアンテナを張っていることが大切です。 また商品を購入するときの交渉の仕方や的確な計算力などを身につける必要があります。お店とバイヤー間でよりよい交渉が成立するためにも相手を納得する話術や儲けのバランスをうまく操っていくことが大切です。 バイヤーは大学や短大、専門学校でファッション系のコースを修了した後、ブディック、ジュエリー店、アパレルメーカーなどで働くことができます。学歴は特に問われることはありませんが、機敏なバイヤーとして活躍するためにも、販売士の資格などを取得しておくと交渉のスキルが身につきますので、自信を持って仕事をすることができるでしょう。

TOPへ戻る

美容専門学校の賢い選び方

画像

美容専門学校の選び方では、学べる科目の多さも大事なポイント。ヘアスタイル、ネイル、エステ、メイクと様々なことを行うヘアサロンも増えてきていますので、学生時代にたくさんの基本技術を習得しておくと、就職してから活躍の幅を広げることもできるのです。美容師になっても、そこからメイクアップアーティストやスタイリストというヘアサロン勤務以外の道も存在します。その為にも"美容"をあらゆる角度から学べる専門学校は、将来性や可能性が広がる授業を行う点でも定評があります。この他に学園祭やヘアショーなどのイベントが多いところも、人気です。多くの観客を魅了するヘアショーの制作や運営は、美容業界に従事する為の経験になるだけでなく、普段一緒に勉強している仲間と絆を深める良い機会。美容専門学校が実習が多いことで知られていますが、ヘアショーなどのイベントを通して関係が深くなった仲間とは、互いに良い影響や刺激を与えながら、夢に向かって突き進めるのです。

TOPへ戻る

学校に通う前に知っておきたい基礎知識

画像

大学や短大でのファッション系の学習は、主にテキストに沿った学術的な方法を基本としています。家政科や生活科などでは実習も含まれていますが、インターンシップやコンテストなど実践的な部分が専門学校より劣ります。 その分ファッションの学習はもちろん、歴史や語学など幅広い授業をうけることが可能です。また高卒以上の学歴を取得できますので、ファッション関連の職業が見つからない時でも、臨機応変にほかの仕事へ方向を変えることができるのがメリットです。 学歴よりも、将来はアパレル業界に就職して世界に向けて羽ばたきたいという人は多彩な実践学習を設けている専門学校がおすすめです。現場でのプロと一緒に協同しながら、スキルアップができるほか、イベントやショーなどでほかの人たちと作品を競うことで刺激を受けながら最先端のファッションを追求することができます。

TOPへ戻る

就職に必要な資格とは

画像

専門学校によって設置している学科は異なりますが、主にファッションデザイン、ヘア・メイク、スタイリスト、インテリアなどの分野に分かれます。それぞれの学科には多彩なコースが分かれており専門知識を有する講師によって授業が行われます。 プロの現役として業界第一線で活躍している講師の質により、学生のスキルに差が出てきます。また少人数制のクラスによって一人一人丁寧な指導をすることで、学生たちの質問にすぐに応答できる効率良い学習が可能です。 さらに企業とのインターンシップや海外研修、ファッションショーなどさらなる充実したプログラムを加えることで実践的な授業になることに努めています。学生自ら現場のプロと一緒に協同したり、作品を発表したりすることでスキルアップにつながることができます。

TOPへ戻る

奨学金制度の活用方法

画像

専門学校では将来の夢に向けて役に立たせることができる、各資格取得サポートを行っています。アパレル業界で自信を持って活躍するには、経験と実践が大切ですが、学生のうちに資格を取得することでスキルを証明することができます。スクールで取得できる資格には、パターンメーキング技術検定、ファッション販売能力検定、販売士、AFT色彩検定、洋裁技術検定、ファッションビジネス能力検定、パーソナルカラリスト検定などがあります。 また学校によっては高校卒業資格や秘書検定取得も可能です。個人のニーズに合わせた資格が豊富にありますので、学生のうちにとっておくと就職や現場で活用できることでしょう。どんな分野でも資格を持っていることは自信につながり、また一生の宝になります。

TOPへ戻る